口コミ評判で見るペアーズ(Pairs)のすべて!使い方、料金、攻略法をやさしく解説

ペアーズ(Pairs)_公式イメージ

※サイト化時注意:</div>タグが1個少ないので足りないところ探して修正してください

「ペアーズってどんなアプリ?」

「マッチングアプリは“ペアーズ”がおすすめって聞いたんだけど本当?」
「ペアーズをどう使えば出会えるの?」

近頃ネットでよく見かけるこんな疑問。

今回は元マッチングアプリ運営者の私がペアーズを徹底検証!口コミ評判から垣間見える良い点・悪い点を本音で解説しつつ、実用的な情報をまとめました。

後半では賢く出会うための攻略ノウハウも伝授!ぜひ最後までお付き合いくださいませ。

ペアーズはおすすめ?メリット&デメリットで判定

ペアーズの利用メリット

ペアーズにはデメリットもある

なるべく早く結婚したい20代~30代におすすめ「Omiai」

40代~50代からでも間に合う真剣婚活「Match」

独身証明書で安心「ペアーズエンゲージ」

ペアーズ(Pairs)とは

ペアーズは本当に出会えるのか?数字で見ると・・・

ペアーズの会員層は20~30代中心「恋人ほしい独身者の25%が利用」

ペアーズで付き合ったカップル「25万人」

口コミ評判でチェック!「ペアーズの満足度評価は80%」

ペアーズの使い方は初心者でもカンタン

基本は「いいね」する、「いいね」を集める

「いいね」が増えるとマッチングも増える

「いいね」と何が違う?「みてね」をおすすめしない理由

ペアーズにログインできない場合は?

ログインできない解決法①:Facebook登録した人

ログインできない解決法②:電話番号(SMS)登録した人

ログインできない解決法③:①と②で新規登録がはじまってしまった場合

ペアーズ料金は「クレジットカード決済」で「3ヵ月」がおトク

ペアーズの女性料金

ペアーズの男性料金プラン

マッチングアプリ料金比較!ペアーズvs他社アプリ

ペアーズの安全性は問題なし!安心して利用できる

ペアーズは友達にばれる?

身バレ解決法①:Facebook登録する

身バレ解決法②:先手を打ってブロックも

身バレ解決法③:「プライベートモード」に加入

ペアーズにサクラはいる?

要注意!ペアーズは既婚者も混入

ペアーズですぐLINE交換は嫌われる?

おすすめのLINE交換タイミング

ペアーズで全然マッチングしない時は?

ログイン時間は「オンライン」か「24時間以内」

ログイン時間にはダミーもある

相性(ハートマーク)は80~95%狙いで

パーセントが低くても心配無用!相性は増減する

足跡は重要なマーキングツール

足跡のメリットとデメリット

足跡をつけたくない人は?

プロフィールはすべて記入

顔写真は自撮りNG

コミュニティはマッチングの小部屋

競争率の高い相手を避ける

初回メッセージにすべてを賭けろ!

プレミアムオプションに加入してみる

いいね付与数が20回/月増える

メッセージの既読/未読が分かる

足跡を無制限に見られる(男性のみ)

登録日が新しい順に表示できる(男性のみ)

検索結果の上位に優先表示

ペアーズ退会時の注意点

退会ポイント①いきなりアンインストールしない

退会ポイント②:料金は返金されない

退会ポイント③:退会前に自動更新オフしよう

 

ペアーズはおすすめ?メリット&デメリットで判定

調査した結論から言えば、ペアーズは間違いなく安心して利用できる優良アプリ。

しかし誰でもOKな万能アプリではありません。まずはペアーズが自分に合うかどうかを判断した上でのインストールがおすすめです。

ペアーズの利用メリット

まずはペアーズ利用のメリットを挙げてみると・・・

  • 会員の真剣度高く、マジメな恋人探し向き
  • ライバル比較で料金が最安
  • 使い方カンタン、初心者でもスムーズに出会える
  • 会員数がスゴイ!地方住みでも出会いやすい
  • 趣味・価値観ピッタリの相手を探しやすい
  • 20代30代と出会いやすい

あなたのニーズがこれらに合致するならペアーズはベストな選択。詳しくは記事内で解説していきますが、ぜひ利用をおすすめしたいアプリです。

⇒ペアーズ公式サイト

ペアーズにはデメリットもある

いっぽう、デメリットがこちら。

    • 会員が多すぎて埋もれやすい
    • 独身証明の提出がないため、100%独身の保証はない

 

  • 「すぐにでも結婚したい会員」は少ない
  • 40代50代以上は出会いにくい

 

これらが気になる人!正直言ってペアーズはおすすめできません。きっと望んだ出会いは手に入らないだろうし、使ったところで費用と時間をムダにするだけでしょう。

あなたのニーズに合いそうな優良アプリを3つご用意してみました。どれも違った特徴の持ち主なので、理由をチェックして気に入ったサービスをおためしください。

なるべく早く結婚したい20代~30代におすすめ「Omiai」

Omiai_アイコン

 

ジャンル 婚活
理由 結婚前提の恋人を探すアラサー世代多く、イケメン美女多め。婚活目的ならペアーズより断然効率的。
アクティブ会員数はペアーズの次ぐらいで、競争率もやや緩和。イエローカードで迷惑ユーザーを可視化したりなど、安心・安全に利用できる環境を用意しているのもセールスポイントです。

40代~50代からでも間に合う真剣婚活「Match」

Match(マッチドットコム)_アイコン
ジャンル 婚活
理由 世界最大級のグローバルなマッチングサービス。利用者の年齢層はペアーズよりやや高めでアラフォー以上向き。
こちらも会員数多いがペアーズより競争率は低い。バツイチ再婚や子ありに理解ある会員も一定数いて、オトナの婚活アプリと言った趣きです

独身証明書で安心「ペアーズエンゲージ」

ペアーズエンゲージ_アイコン
ジャンル 婚活
理由 ペアーズが立ち上げたオンライン結婚相談所。証明書提出が義務付けられていて、既婚者や怪しいユーザーと遭遇する心配はありません。オンラインによる低コスト化を実現、料金の安さにも注目です。


ペアーズ(Pairs)とは

ペアーズとは、国内最大級の会員規模(1000万人超)を誇るマッチングアプリ。スペックや見た目の好みだけでなく、趣味や価値観の合う相手とも出会いやすいのが特徴です。

利用目的 独身者同士の真剣な出会い
推奨ジャンル 恋活
エリア 全国
利用可能端末 iOS/Android/PC(ブラウザ版)
運営会社 株式会社エウレカ

大多数はマジメな恋人探しが目的で、毎月8000人以上に恋人ができている盛況ぶり。中~長期での真剣交際を望む男女にとって、スマホひとつで気軽に相手を探せる方法と言えるでしょう。


ペアーズは本当に出会えるのか?数字で見ると・・・

でもペアーズって出会えるの?これまでの実績は?なんて気になりますよね。会員データや口コミ評判を交えて解説していきましょう。

ペアーズの会員層は20~30代中心「恋人ほしい独身者の25%が利用」

ペアーズ会員の年齢層は男性・女性ともに20~30代が約8割。会員全体の年齢は幅広いものの、やはり結婚適齢期が厚め。

都市部はもちろん地方に強いのも特徴でして、少し前にはこんなデータも発表されています。

ペアーズ(Pairs)_会員エリアイメージ
出典:PRTIMES

全国規模で見ると、「恋人がほしい独身者」の1/4がペアーズを利用している計算に。

単に人口密集地域で強いアプリなら他にもあります。が、全国レベルで集客できているペアーズは田舎でも相手を選ぶ余裕アリアリ。エリアを問わない出会いやすさは魅力です

ペアーズで付き合ったカップル「25万人」

恋活アプリとして有名なペアーズ。実際は何人ぐらい恋人できてるの?なんて思いますよね。

ペアーズ(Pairs)_カップル成立数イメージ

 

2020年1月時点、「ペアーズで出会って交際or結婚」したカップルは25万人以上。

2012年10月スタートなので約7年3ヵ月での実績。計算式が公表されておらず、カップルと成婚を重複カウントしている可能性もあります・・・が、年平均3万5000人ペースなら上々の成果。

マジメな出会い目的のアプリだけに、真剣交際から自然な流れで結婚しやすくなっているのはたしかでしょう。

反面、結婚前提のパートナーを探すのはひと苦労。そういう目的であればOmiaiMatchのような婚活目的の人が集まるアプリを利用すべきです。

口コミ評判でチェック!「ペアーズの満足度評価は80%」

では、ペアーズで出会ったカップルの満足度はどうなっているのか?

ペアーズを通じて交際→結婚したカップルの評価をデータ化してみると・・・

ペアーズ(Pairs)_結婚相手への満足度イメージ

 

「結婚を全く後悔していない人」が全体の約80%。合コン・街コン/婚活パーティ/結婚相談所が50%程度と考えると、ペアーズは手軽なのに満足度が高い手段と言えるでしょう。

なお、こちらのデータはあくまで“ペアーズで恋人ができた”会員だけが対象。できた人&できなかった人の口コミ評価はこちらで詳しくまとめています。
⇒(記事名)

ペアーズの使い方は初心者でもカンタン

ペアーズの使い方はシンプルでカンタン!写真やプロフィールを見て気になった相手にアピール&反応を待つだけ。
UI(ユーザーインターフェイス)も見やすく、初心者でもすんなり利用をスタートできます。

ペアーズ(Pairs)_使い方イメージ

お互いに気に入ればマッチング成立!2人だけでメッセージ可能に。交流を重ねてデートの約束をする流れですね。

ペアーズの詳しい使い方はこちらの記事にまとめているので、ぜひご一読を。

⇒(記事名)

具体的な使い方は上の記事で確認してもらうとして、ここでは初歩的な注意点について解説していきます。

基本は「いいね」する、「いいね」を集める

ペアーズでマッチングするには、気に入った相手に「いいね」したり&されたりが行動の第一歩。使うたびに1個づつ消費されるので、常に数を確保しておきましょう。

「いいね」を手に入れる方法は

  • ログインボーナスとして無料付与(30回/月)される
  • 月額有料会員(男性のみ)になる→契約期間中、更に30回/月もらえる
  • 不足したら別途ポイント購入→いいねと交換可能

女性もオプション課金すれば手に入るものの、本来される側だし数は足りるはず。他方、男性側は無駄撃ちすると追加課金必至の展開に。しっかり的を絞って使うのが得策です。

いいねのメリットは、

自分の興味(好意)を相手に伝えられる
相手からの興味(好意)を知ることができる

言ってみればアピール機能。いいねに応じれば自動的にマッチング!その場で相手に通知され、メッセージチャットが開放されます。

「いいね」が増えるとマッチングも増える

工程としては、1~3の流れ構築することでマッチング増産の好循環が生まれます。

1.いいねをもらえる確率を高める
2.実際にいいね数が増える
3.比例してマッチング成立しやすくなる

いいねを集められるようになると、一定の確率でマッチングが発生。つまり、「あなたに興味をもってくれる人」を「どんな方法で増やすか?」がカギなんですよね。

かと言って、普通にやるだけでは弱い!ペアーズはライバルが多いし、ひと工夫したいところ。いいねを増やす方法はこちらの記事が参考になりますよ。

⇒(記事名)

「いいね」と何が違う?「みてね」をおすすめしない理由

ペアーズには「みてね」機能もあります。なんだか似たネーミングですが、中身はまるで違うので注意しましょう。

「みてね」の要点をまとめると、

  • すでに「いいね」やメッセージした相手に再アピールできる
  • 新規登録後24時間が経過後、男性・女性ユーザーとも利用可能に
  • ポイント消費が発生するが、状況によって消費数が違う

消費ポイント数は「送る相手が過去30日に受け取ったいいね数」で決定される模様。通常のみてねで3〜5ポイント、メッセージ付いいねで6〜8ポイント消費されます。

違いとしては、
いいね→出会いのきっかけ
みてね→催促
反応がないと「自分のいいねを見逃してるかも」なんて不安になる人もいるでしょう。でも、たいていはちゃんと見ていますよ。

スルーされているのに催促するわけだから、「しつこい人だな」と思われるリスクも。正直おすすめできない機能なんですよね。

ペアーズにログインできない場合は?

ペアーズを放置していると、強制ログアウトさせられる場合があります。スマホを再起動しても解決できない時などは以下のログイン方法をためしてみてください。

ログインできない解決法①:Facebook登録した人

ペアーズのトップページ「Facebookではじめる」をタップする。それでも解決しない場合、一旦Facebookにログインしてから再度「Facebookではじめる」をタップしてみましょう。

ログインできない解決法②:電話番号(SMS)登録した人

同じくペアーズのトップページ「どちらもお持ちでない方はこちら(もしくはFacebookをお持ちでない方)」をタップ!SMS再送を促されますので、案内に従って進めてください。

ログインできない解決法③:①と②で新規登録がはじまってしまった場合

新規登録時と違うFacebookアカウントor電話番号(SMSメールアドレス)でログインしようとしていませんか?ペアーズ入会当時と同じ情報でログインをためしてみましょう。

ペアーズ料金は「クレジットカード決済」で「3ヵ月」がおトク

ペアーズの入会登録は無料です。利用料金は性別によって違いがあります。

ペアーズの女性料金

女性は基本機能すべて無料。登録から出会いまでタダで利用できるシステムです。
利便性を高めたい場合にはレディースオプション(2,990円/月税込〜)が用意されていますが、加入しなくても余裕で使い倒せます。

ペアーズの男性料金プラン

男性のみマッチングまで無料。その後のメッセージ送信から月額有料会員になる必要があります。


料金プラン クレジット決済 iOS決済 Android決済
1ヵ月 3,590円 4,300円 4,300円
3ヵ月 7,050円(2,350円/月) 10,800円(3,600円/月) 10,800円(3,600円/月)
6ヵ月 10,980円(1,830円/月) 14,400円(2,400円/月) 14,400円(2,400円/月)
12ヵ月 15,840円(1,320円/月) 20,800円(1,733円/月) 20,796円(1,733円/月)
※小数点以下は四捨五入 ※カッコ内はひと月あたり計算

ご覧の通り、クレジットカード決済が1番安い!なぜなら両OS決済はキャリアに手数料を取られるため、アプリ側がその分を上乗せしているからです。

クレカ決済をする方法はカンタン、一旦ブラウザ版ペアーズにログインして決済するだけ。スマホからはクレカを使えないので注意しましょう。

でもちょっと待って!課金はまだ早いんです。ペアーズは上記金額から更に安くなる割引特典があり、そのタイミングを狙って決済するのが賢い使い方なんですよね。


月額プランをおトクに利用する方法、オプション料金の詳しい情報はこちらの記事にまとめています。

⇒(記事名)

マッチングアプリ料金比較!ペアーズvs他社アプリ

ならば、ペアーズの割引料金はライバル他社と比べてどうなのか?並べて比較してみましょう。対象は各アプリの最安値であるクレジットカード決済料金です。


アプリ名 1ヵ月 3ヵ月 6ヵ月 12ヵ月
ペアーズ 3,590円 6,120円(2,040/月) 9,180円(1,530/月) 12,120円(1,010/月)
タップル誕生 3,980円 9,960円(3,200/月) 11,940円(2,800/月) 23,400円(2,234/月)
with 3,600円 8,000円(2,667/月) 14,100円(2,350/月) 22,000円(1,833/月)
クロスミー 4,200円 9,900円(3,300/月) 17,400円(2,900/月) 27,800円(2,317/月)
Omiai 3,980円 9,960円(3,320/月) 11,940円(1,990/月) 23,400円(1,950/月)
Match 4,490円 11,970円(3,990/月) 16,740円(2,790/月) 33,480円(2,790/月)

※小数点以下は四捨五入 ※カッコ内はひと月あたりの額

ペアーズのキャンペーン割引適用額は赤字で記載してみました。

1ヵ月プランはどこも大差なし。3ヵ月以上ならキャンペーン割引を使えるペアーズが最安値。毎週末に決済チャンスがあるので、これならぜひ活用したいところです。

「恋人ができるまで平均4ヵ月」と公式発言しているペアーズ。6ヵ月プランだと1万円近くを一括決済しなくてはならず、負担に感じる人もおられるかと。

であれば最初は3ヵ月プランで活動してみるのがベター。結論としては“割引3ヵ月プランをクレカ決済”が1番おすすめの方法と言えるでしょう。

ペアーズの安全性は問題なし!安心して利用できる

ペアーズ(Pairs)_安全への取組みイメージ

出会い場でどうしても気になるのが安全対策。「変な人と出会ったらどうしよう」「サクラとか使ってない?」などなど、不安は尽きません。

ペアーズの安全性や不正への取組みはこちらで詳しくまとめました。

⇒(記事名)

この項では安心して利用を続ける上で気になる“ユーザー対策”について解説していきますね。

ペアーズは友達にばれる?

ペアーズは身バレするのか?結論から言えば、「入会方法によって友達バレの可能性を低くできる」です。
ペアーズの登録方法は3通り。いずれかがあれば、入会手続きを進められる仕様になっています。


登録手段 ばれる可能性
Facebookアカウント連携
電話番号(SMS) 低~中
メールアドレス認証 ※PC版不可 低~中

便利さだけで言えばFacebook連携or電話番号(SMS)の二択。Facebookならワンタップで登録手続きに進めるし、電話番号登録は空メールを送ってリターンを待つだけです。

身バレ解決法①:Facebook登録する

身バレしたくない人はFacebookアカウント登録を推奨!Facebook上の友達・知り合いとは遭遇しない仕組みになっているし、利用事実も投稿されないから安心です。
ただ、これはお互いFacebook登録した時のみ有効。相手が電話番号やメルアドで登録していたら無力ですが、実名など特定につながる個人情報は公開されないので一定の安心感はあります。


身バレ解決法②:先手を打ってブロックも

先に相手を見つけ出し、あらかじめブロック機能でシャットアウトする方法も。ペアーズは一度ブロックすると解除できないため、相手が退会⇒再登録してもブロックは維持されて安心です。

身バレ解決法③:「プライベートモード」に加入

有料サービスの『プライベートモード機能(2,560円税込~)』に加入する手も。

プライベートモードを使えば、このような隠密行動が可能になります。

  • 検索結果に表示されない
  • コミュニティに参加しても表示されない
  • 相手のプロフィールを閲覧しまくっても足跡がつかない
  • マッチングした相手には表示される
  • いいねした相手には表示される

ペアーズの身バレ対策で最も有効だけど、男性は月額料金とのダブル課金になるデメリットが。上2つの方法をためして解決できなかった時のみ、検討してみるのが良いかもしれません。

ペアーズにサクラはいる?

ペアーズにサクラがいる可能性はゼロと思われます。なぜなら、サクラを投入するメリットがないからです。

サクラの最大目的は『会員を誘惑してより多く課金させる』こと。それだけに、月額定額制のペアーズではうま味ゼロ。会員規模を考えるとコスト倒れに終わる無駄な作戦なのです。

ただし、目的が怪しい会員や業者など注意すべきユーザーがいるのは事実。別記事で詳しく説明していますので、ぜひ読んでおいてください。

⇒(記事名)

要注意!ペアーズは既婚者も混入

ペアーズは既婚者禁止のマッチングアプリ。でも独身証明書の提出は義務付けられておらず、既婚者がいるとの口コミ評判も見かけます。

ペアーズにはユーザー通報機能があるので迷わず通報が吉!既婚者に利用させない環境づくりがマジメな出会いを叶える近道です。

既婚者と絶対に遭遇したくない人にはこちらをおすすめ!

ペアーズですぐLINE交換は嫌われる?

ペアーズで警戒されやすいのがLINE IDクレクレ系ユーザー。勢いで「会おうよ!LINE教えて」と迫っても99.99%断られると思ったほうがよいでしょう。

マッチングアプリにおいて、「すぐLINE交換したがるのはサクラ・業者・遊び目的」は定説。安全に利用したいユーザーほど、こういう人物を避ける傾向にあります。

中でも早い段階でLINE交換を切り出すのは最悪の一手。IDをたずねた途端、すぐブロック&通報されるケースさえあるぐらいです。

おすすめのLINE交換タイミング

誤解のないように言っておくと、LINE交換が不可能なワケではありません。たずねるタイミング次第で成功率はググッと急上昇!

基本戦術としては、

  • マッチング後にしっかりメッセージを重ねて関係を温める
  • 信頼度がUPするまで待つ
  • その上で“交換せざるを得ない理由”のあるタイミングで申し出る

1番成功しやすいタイミングはデートの前日や直前。待ち合わせ場所に向かう前、「もしもの連絡用」として自然にたずねるのがGood。関係性が良化しているなら断られにくいハズですよ。



ペアーズで全然マッチングしない時は?


ペアーズの魅力は、たくさんの会員から好きな相手を選んでアプローチできる点。言い方を変えれば、選ばれない理由がある人はマッチングしない・・・って話に。

そこで、ライバルの山に埋もれない方法&マッチングしやすくなるコツを伝授!マッチング後のメッセージで返信をもらう方法とあわせて解説してまいります。

ログイン時間は「オンライン」か「24時間以内」

マッチングしやすい相手を探すのに重要なのは『ログイン状況』。アカウントを作ったまま、ずっと放置の人にアピールしてもムダですもんね。

ペアーズではログイン情報をアイコンの色でチェックできます。ログイン履歴を確認し、利用頻度の高い相手を狙うようにしましょう。

ペアーズ(Pairs)_ログイン時間と状態

狙い目のログイン時間は「オンライン(緑色)」と「24時間以内(黄色)」の2つ。最悪でも3日以内まで。それ以上ログインしていない相手は避けるのがベター。

ちなみに、マッチング後にメッセージ2往復以上すると相手のログイン表示が消えます。こちらも同時進行している人にとっては、結構ありがたい機能かもしれません。

ログイン時間にはダミーもある

別途プレミアムオプション(レディースオプションも)に申し込むと、ログイン時間を隠せるんですよね。複数の相手と同時進行したい人には便利な機能かと。

その場合のログイン履歴は、必ず「1週間以内(グレー)」と表示。やたらとリストアップされる人がそのログイン状況なら、あえて狙ってみる手もあるでしょう。

相性(ハートマーク)は80~95%狙いで

ペアーズでマッチングを成立させやすくするには、相性の良い相手を狙うのも大事!

相性とはAIが判断した相手とのマッチ度。顔写真の左下にあるハートマーク&数値で可視化されています。

ペアーズ(Pairs)_相性イメージ

算出根拠とされているのは、主にこれら3つの履歴と類似性。(細かく言えば他にもあるようです。)

  • ログイン時間
  • プロフィールの共通点
  • 参加コミュニティ

ぶっちゃけた話、パーセントは単なる参考値。AIの精度が低いうちはアテになりませんから。とはいえ、相性を重視するユーザー(特に女性)は一定数いると思われます。

ペアーズの公式案内でも「相性が高いほどマッチング率が高いことが確認されている」と認めており、狙わない手はありません。

画を見ると、相性 70パーセントあたりでは低い印象を与えがち。最低でも80、90、95パーセントの相手を狙ったほうが効果的と言えます。

パーセントが低くても心配無用!相性は増減する

相性は変動制。日々のデータ更新で煩雑に変わります。

生活習慣や趣味/価値観の共通点が影響していて、あなたか相手が3項目のパターンを変えればパーセントにも変化が出る仕組み。

もし気に入った相手との相性度がイマイチなら、プロフィールを見て多少寄せに行くのもアリかもしれませんね。

足跡は重要なマーキングツール

足跡機能を使ったマーキングもおすすめ!ペアーズでは相手のプロフィールを閲覧すると足跡が付くため、より多くの人を訪問すれば手広くアピールできます。

ペアーズの公式案内にはこんな文言も。利用しない手はありませんよね。

ペアーズ(Pairs)_足跡イメージ

足跡機能のポイントは、

  • 残る足跡は1日1回のみ(1日何度訪問しても残るのは初回訪問分だけ)
  • マッチング後、相手を再訪しても足跡は残らない
  • 女性→過去1週間分が表示される
  • 男性→直近の5名のみ表示

男性はプレミアムオプションに加入しないと5名分しか確認できません。詳細はのちほど解説しますので、自身の状況を見て加入を検討してみましょう。

足跡のメリットとデメリット

■メリット
足跡をつける→相手に興味を持ってもらえる(集客できる)
足跡をたどる→自分に興味を持っている相手が分かる
 
■デメリット
足跡をつける・たどる→連日やりすぎると不審者扱いされる

足跡をつけたくない人は?

ペアーズには足跡を残さない設定も用意されています。

ペアーズ(Pairs)_足跡設定イメージ

「その他」→「設定(または各種設定)」→「足あと設定」から変更するだけ。

連日訪問でストーカー扱いされたくない人や、閲覧事実を知られたくない人はあらかじめ変更しておきましょう。

プロフィールはすべて記入

プロフィールは全埋めが基本。特に男性の場合、年収・学歴・職種あたりを空白にすると高確率で避けられます。

ペアーズに限った話ではありませんが、女性が気にする部分なので確実に埋めておきましょう。

自己紹介文は自身のアピールポイントを分かりやすくまとめるのがベスト。選ばれやすいプロフィールの書き方&例文はこちらの記事でまとめているので要チェックです。

⇒男性編:(記事名)
⇒女性編:(記事名)

顔写真は自撮りNG

マッチングアプリは顔写真が重要!冴えない表情や自撮りは完全NG。明るい場所での他撮りワンショットがおすすめです。

容姿に自信がなくとも、「奇跡の1枚」で乗り切れる世界。ぜひとも工夫したい部分であります。

好反応を得やすいプロフィール写真の撮り方・枚数などのノウハウは、こちらの記事にまとめているのでぜひ参考にしてください。

⇒男性編:プロフィール写真の撮り方
⇒女性編:プロフィール写真の撮り方

コミュニティはマッチングの小部屋

ペアーズには趣味を共有できるコミュニティがあります。既存マッチングアプリではNo.1の規模でして、大小さまざまな話題で仲良くなりやすいんですよね。

ペアーズ(Pairs)_コミュニティイメージ

話題を共有できるか否かはマッチングに影響します。プロフィールに所属コミュニティ関連のネタを載せるのも効果的です。

参加は当然として、属性の合うコミュをいくつか絞って注力するのがコツ。合わないコミュだとマッチング後の会話が続かず、せっかくのチャンスも音信不通になりがち。

目的は会うことなので、意気投合できそうなジャンルを選ぶようにしましょう。

競争率の高い相手を避ける

ペアーズでは「相手のいいね数」が確認できます。

ペアーズ(Pairs)_隠しいいねイメージ

普段は“?”マークになっており、下記条件で可視化される仕組み。

  • 女性・・・無条件で表示される
  • 男性・・・無料会員は表示されず、月額有料会員加入で表示


効率的に進めたい場合、いいね数を大量に集めている男性&女性は避けるべき。

競争率が高く、アピールしても相手にされない可能性大。実数にとらわれず、相性や価値観を重視しての穴場狙いがおすすめです。

初回メッセージにすべてを賭けろ!

マッチング後の1発目メッセージは運命を左右する重大要素。なぜなら、しくじったら返信してもらえないから。マッチング→即音信不通の憂き目に遭います。

特に女性側は男性からのアピールだらけ。1日あたり数十~数百受け取る子もいるぐらいです。なんの工夫もないメッセージではスルーされて当然だろうと。

効果的な初回メッセージの書き方、テンプレをこちらの記事にまとめました。話題選びのコツや頻度もアドバイスしているので参考にしてくださいね。

⇒(記事名)

プレミアムオプションに加入してみる

ここまでの方法をためし、それでも効果がない人はプレミアムオプション加入を検討しましょう。
  • 男性名プレミアムオプション:2,980円/月〜
  • 女性名レディースオプション:2,990円/月〜

本来、普通に使う分には必要ナシ。男性は月額会員とのダブル課金になるデメリットがありますからね。けれど効率化のギアを引き上げるには有用です。

加入で追加される機能の中から魅力のある機能を5つご紹介!これらの中で最低でも3つ以上が必要だと思ったら、1度ためしてみるのも良いですね。

いいね付与数が20回/月増える

月間のいいね可能数が増え、追加購入リスクを減らせます。
男性・・・無料付与30回+月額有料会員30回+プレミアム20回=80回/月
女性・・・無料付与30回+プレミアム50回=80回/月

メッセージの既読/未読が分かる

既読無視の相手をひと目で判別可能に。脈のない相手にいつまでもアピールを続ける必要がなくなり、サクサクと次へ進めるメリットがあります。

足跡を無制限に見られる(男性のみ)

前述したように、男性は直近の5名しか確認できません。無制限になれば、それら足跡にいいね爆撃→マッチングの量産だって可能です。

登録日が新しい順に表示できる(男性のみ)

新しい会員を狙いやすくなる機能です。登録して日の浅い会員は出会いに前向き。ベテラン会員より好反応を得やすく、マッチングの可能性が高まります。※女性は無料会員状態で新しい順にソート可能

検索結果の上位に優先表示

検索結果ページの上位に表示されると、必然的にプロフィール閲覧されやすくなります。

魅力的なプロフィールを用意しておけば、自動的にいいね獲得数は増加。マッチングが成立しやすい流れをつくれます。

ペアーズ退会時の注意点

ペアーズはお問い合わせフォームから退会の手続きが可能。不正防止のため、退会日から1ヵ月は再登録できません。問題行動で一旦退会→即再入会みたいな輪廻は不可能って話ですね。

こちらの記事でペアーズの退会方法をより詳しくまとめています。

⇒(記事名)

具体的な方法はそちらで見ていただくとして、ここでは退会時に注意すべきポイントを3つご紹介します。

退会ポイント①いきなりアンインストールしない

ペアーズではアプリを削除(アンインストール)しても退会にはなりません。会員データも課金もそのまま継続されてしまうため、必ず退会手続き完了させてから削除しましょう。

退会ポイント②:料金は返金されない

ペアーズでは課金中に退会しても一切返金ナシ。規約で以下ように定められており、課金後すぐ退会しても日割り返金はされません。
ペアーズ(Pairs)_規約:退会後の返金について

退会ポイント③:退会前に自動更新オフしよう

OS決済(iOS/Android)で課金している場合、自端末で自動更新をオフにしてから退会手続きをしてください。

そうしないと退会翌月以降も料金請求される形に。口コミや評判で見かける「退会したのに料金請求された」系トラブルのほとんどはこの事例と思われます。