Omiai 退会

Omiaiの退会方法を詳しく解説!辞める前に知っておきたい注意点

Omiaiの退会方法を詳しく解説!辞める前に知っておくべき重要な情報!

婚活や恋活を目的として若者に利用者の多いマッチングアプリ。アカウント登録するユーザーがいる一方で、退会するユーザーもかなり多いです。

マッチングアプリを退会する理由はひとそれぞれですが、その退会理由を大まかなジャンルで分けると「相手が見つかってアプリが不要になった」「Omiaiでいい人に出会えないからやめる」のどちらかという方が多いのではないでしょうか。

もちろんマッチングアプリを利用して良いパートナーと出会えたという方は、月額利用料を払ってまで続ける理由が無いので退会の手順を踏んで、マッチングアプリを卒業する必要があります。

マッチングアプリの退会については「Omiaiの退会方法(手順)」からご覧ください。

しかし、なかには「良い相手となかなか巡り合わない」「そもそも出会えない」といった理由で退会しようとする方もいます。

そんな方にはマッチングアプリを退会する前に伝えたいことがありますので、この記事にある「出会えないを理由に退会する前に!」をぜひご覧ください。

Omiaiを退会する前の注意点

マッチングアプリ「Omiai」を退会する前の注意点2つ

マッチングアプリを退会するにあたって注意しておく点がふたつあります。

  • 課金の解約が必要(アプリ課金の場合)
  • 過去のデータが消える(いいねやポイント,マッチング情報)

上記の理由について詳しく解説していきます。

ひとつ目は月額制課金の解約です。

マッチングアプリの契約期間が満了になり、次回の契約を自動で更新する設定のまま退会してしまうと、Omiaiを使えないのに利用料金は取られるという状況になってしまいます。

そんな状況を避けるためには自動更新の停止を行わなければなりません。各支払いごとの詳しいやり方はこちらから確認できます。

そしてふたつ目は過去のデータがすべて消えてしまう点です。

Omiaiを退会してしまうと、今まで課金して集めてきたいいねやポイント、そして異性とのマッチング情報のすべてが削除されてしまいます。

パートナーと出会えないまま退会しようとした場合、これまでの努力が報われずにすべて水の泡となってしまうのです。

出会えないを理由に退会する前に!

出会えないからOmiaiを退会する前に!

Omiaiを退会して、今後も恋活や婚活を続けていくという方にとっては、失ってしまうものが多く、さまざまなデメリットが存在します。

まずOmiai上でのステータスでもあるいいね、そしてサービスの利用に欠かせないポイントが失効してしまいます。

異性からのいいねは他の人から見ても信頼度や人気度を表しているので、これを失うと一生懸命築き上げてきた城が崩れてしまうのと同義です。

また、プロフィール情報などもすべて消えてしまいます。もちろんOmiaiに再登録することは可能ですが、その場合は名前や写真などのプロフィールをイチから作り上げていかなければなりません。

これまで試行錯誤と工夫を重ねたプロフィールが消えてしまうのはもったいないですよね。そんな方にはオススメの利用方法があります。

Omiaiは登録したままで一度活動を休止をする

わざわざ退会しなくても活動を休止するのはどうでしょうか。公開設定を変更すれば一時的にOmiai利用者からいいねされることもなくなるので、実質的な退会と同じになります。

また、退会したわけではないので異性からもらったいいねやポイントは無くならずに残ります。再開したくなったときにいつでも再開できるのがメリットです。

公開設定の変更は「マイページ」の歯車マーク「各種設定」から、「プロフィールの公開設定」を選択して「すべての会員への公開」を「非公開」にするだけです。

Omiaiの休止中は別のアプリを使う

「Omiaiはひとまず活動休止したけど恋活、婚活は続けたい」

そんなときは別にマッチングアプリを使ってみるのも良いでしょう。今でこそたくさんのマッチングアプリが出ていますが、それぞれに年齢層や主な目的などが異なるので、思わぬ場面で良いパートナーとの出会いが眠っているかもしれません。

ユーザー層が違うアプリを複数併用すれば、それだけアプローチ出来る人数が増えるので単純に出会えるチャンスも増えますからね!

併用にオススメのマッチングアプリ

アプリ 特徴 年齢層 リンク
ペアーズ
ペアーズ
会員数が多数◎友達作りの感覚で趣味の合う人を見つけられる恋活アプリ 25~39歳 公式
マッチドットコム
マッチコム
将来をしっかり見据えて結婚を意識したパートナーを探す婚活アプリ 30~45歳 公式
with
with
メンタリストDaigo監修の心理学で相手を見つける恋活アプリ 18~29歳 公式

Omiaiで出会えないまま退会しようとしたときに他のマッチングアプリを使うということは、Omiaiを利用する中で見えていなかった、見落としていた問題点が客観的に見つかる可能性が生まれます。

パートナーと巡り合っている人に比べて自分に何が足りないのかを考える良いきっかけにもなりますので、しばらくして落ち着いたらまたOmiaiに戻ってくると良いでしょう。

アプリを併用する前に!

複数アプリを使えば出会えるチャンスが増えると言いましたが、ただ複数アプリを使えば出会えるわけでもありません。

マッチングで出会うためには、利用者もプロフィール作成やメッセージなどそれなりに努力が必要です。

出会うために必要なマッチングのコツ、メッセージの攻略法をそれぞれ解説したページを用意しているので、ぜひ参考にしてみてください。

参考ページ:
Omiaiでマッチングしない7つの理由!対処法とテク紹介
Omiaiのメッセージ徹底攻略!途切れないコツと出会うためのコツはこれ!

真剣な出会いを探している女性はこちら↓

【知らないと損!】マッチングアプリで真面目な男性と出会うコツ

有料会員自動更新の停止方法

無事にパートナーと出会えた方や、退会前の注意点を全て承知した上でもうOmiaiを利用しないという方は、月額制課金の自動更新を停止しなければなりません。

支払い方法は主にAppleID、GooglePlay、Webの3パターンありますので、それぞれの停止方法を見ていきましょう。

AppleID支払いの自動更新を停止する

①Apple端末の「設定」をタップ
②「iTunes StoreとApp Store」をタップ
③「Apple ID」をタップ
④ダイアログの「Apple IDを表示」をタップ
⑤Appleアカウントのパスワードでログイン
⑥「管理」をタップ
⑦「Omiai有料会員」をタップ
⑧「自動更新」をタップ
⑨自動更新をオフにしますか?と聞かれるので「確認」をタップ

自動更新がオフになると、「現在の購読は〇年〇月〇日まで有効です」とメッセージが表示されます。

GooglePlay支払いの自動更新を停止する

①Google Play Storeから「マイアプリ」をタップ
②「Omiai」をタップ
③「定期購入を管理」をタップ
④「キャンセル」をタップ
⑤「定期購入を解約」をタップ

以上が解約の手順となります。

Web版支払いの自動更新を停止する

①ページ最下部の「お問い合わせ」をタップ
②お問い合わせカテゴリを「有料会員の解約/自動更新の停止」をタップ
③「有料会員の自動更新を停止する」をタップ

登録内容の確認ページから「サービス利用履歴一覧」で継続課金OFFになっていれば解約できています。

Omiaiの退会方法(手順)

マッチングアプリOmiaiの退会手順を詳しく解説

自動更新の停止ができたら最後に退会手続きです。退会の方法はiPhone版、Android版、Web版とすべて共通となっています。

①マイページから「各種設定」をタップ
②「お問い合わせ・ヘルプ」をタップ
③「退会手続き」をタップ
④退会理由を選択して「手続きに進む」をタップ
⑤退会の注意事項を確認して「進める」をタップ
⑥活動アドバイスをスルーして「進める」をタップ
⑦その他プライバシー設定についてをスルーして「進める」をタップ
⑧退会の注意事項を確認して「進める」をタップ
⑨退会アンケートに回答(必須)して「進める」をタップ
⑩退会の注意事項を確認して「進める」をタップ

以上が退会手続きの全容です。

Omiaiに限らず全てのマッチングアプリは、せっかくの月額課金利用者を手放さないためにあらゆる方法で思い留まるよう説得してきます。しかし、もう100%退会することを決意している方には何の関係もありません。

ですので、途中からしつこいくらいに注意事項やアンケートなどを要求してきますが、基本的に全てスルーして大丈夫です。

退会ができない理由は?

Omiaiアプリの利用パターンによってはすぐに退会手続きができない場合があります。それはApple IDによるAppleアプリ内課金をしているときです。

これはApple社の仕様ですが、有効期間内は有料のサービスを受けている状態なので、退会することができなくなっています。

自動更新をオフにしたあとは、有効期限が切れて無料会員に切り替わってから退会手続きを取るようにしましょう。

それでも退会できない場合は

上記の方法を試しても退会できないという場合はアプリもしくはOmiaiそのものに異常が発生しているかもしれません。そんなときはOmiai公式のカスタマーサポートにお問い合わせをしましょう。

カスタマーサポートへの問い合わせは「ヘルプ」の「お問い合わせフォーム」から行うことが可能です。

記事一覧