omiai サクラ

【徹底検証!】omiaiにサクラいる?もう騙されない、見極め法3つ

omiai(オミアイ)
会員数
85万人
男女比7:3
料金
女性:無料~
男性:3980円~

恋活アプリの「元祖」「老舗」のomiaiですが、時折「サクラがいるんじゃないか」という口コミを見かけます。恋活アプリでは、常に「サクラがいる」というトラブルの噂がありますが、実際にどうなのでしょうか?

業者の「サクラ」は、どの恋活アプリにもいる

サクラ、というと、例えば恋活アプリのOmiaiが、誰か女性や男性にお金を払って「登録してもらって」活動してもらう――大勢の男女が登録しているとか、イケメンや可愛い子がいて、実際にマッチングできたよ、と評価してもらえるように「サクラを用意している」と思いがちです。実際には、omiaiで言えば、そうしたサクラを用意する行為は一切ありません。

ただし、どこの恋活アプリやサイトにもいるのが「他の業者のサクラ」です。これは、いかにもその恋活アプリで活動しているように見せかけて、マッチングが成功すると、今度は自分たちのサイトへと誘導したり、悪質なものでは「何かを売り込もうとする」「お金をだまし取ろうとする」といった事をします。このテのサクラは常にいて「一般ユーザー」のなりすましをしている為、24時間監視しているOmiaiでさえも、時には見抜けないケースもあるようです。

「サクラいる?もう騙されない・見極め法3つ

サクラかどうか?見極め法・その1

『写真があまりに美人・イケメンすぎる』

「あまりに美人だったり、イケメンすぎる」と言うのも、微妙な話ですが、例えば「まるでアイドルみたいな写真」だったり、驚く位のイケメンで、しかもプロフィールの方はあまりきちんと記入されていない……。そんな「こんなキレイな子が」「こんなカッコイイ人が」なぜか「いいね」にすぐ反応して、しかも思わせぶりな態度を見せてくる……こういう人は要注意です。

もちろん、真面目に出会いを求めている超美人もイケメンもいるでしょう。でも、やはり、アイドルや人気俳優みたい、というレベルになるとちょっと「?」っといった感じはありますね。写真の作りがウソっぽい感じがする事も多いようです。気になるようなら、画像を写メして、パソコンのGoogleなどで検索してみても、いいでしょう。同じ画像で複数のサイトが出てくるようだと、業者のサクラの可能性大ですね。

→見極めチェック!
・あまりに美人、イケメンの写真
・超美人&イケメンが「すぐにデートに誘ってくる」

サクラかどうか?見極め法・その2


『すぐにLINEのID交換、メールアドレス交換を求めてくる』

恋活アプリを利用して、出会いを求めている人は、普通はある程度慎重になるものです。それをメッセージ交換した直後から、LINEのIDを送ってきたり、メールアドレスを求めてくるのは、ちょっと不自然ですね。特に「ここを見てくれる? 私の別の写真もたくさん載ってるよ」みたいに、別のサイトへと誘導しようとしてくる場合は、疑ってかかりましょう。いずれにしても、恋活アプリで知り合って、最初のメールや2回目ぐらいで、そうそう積極的なアプローチはしてきません。常識的な遣り取りを越えているな、と感じたら、気を付けた方がいいですね。

→見極めチェック!
・すぐにLINEのIDを送りつけてくる
・「これ見て」と誘ってくる
・すぐにでも直接会いたいといった「思わせぶり」な態度を見せる
・3回目の遣り取りぐらいから、何かちょっと誘導しようという気配が出てくる(警戒心が薄れてくる辺りを狙うパターンも、最近増えているようなので要注意。とにかく最終的に別のサイトへ誘導しようとしたら、おかしいかもしれないと疑った方が良い)

サクラかどうか?見極め法・その3


『Facebook交換を拒否する』

omiaiの場合は、Facebook連動型なので、交換を申し出てみましょう。そうすれば、相手の事がいろいろとわかります。登録して間もないとか、友達数は揃っていてもなんとなくアヤシイ、という印象があったら、これも要注意ですね。まして、Facebook交換を申し出て、拒否されたら、これは「遣り取りがイヤで、もうこれ以上お付き合いする気はない」以外では、「見られて困る」からでしょう。

→見極めチェック!
・Facebook交換に反応しない
・Facebook交換に誘うと、他のアプリで、と別のサイトやアプリの登録に誘われる
・Facebook交換をして見たら、掲載している写真が違う
・Facebookの登録が最近だったり、友達も最低限の10人しかいない

『これで騙されました☆サクラにやられた体験談』

《サクラの手口☆「可愛い!」マッチング成立したら速攻QRがきたが……》男性・29歳・会社員

Omiaiに登録して、検索していたら、ものすごい可愛い子の写真を発見。これがなんか、もうアイドルというより、若い女優さんみたいな感じで。こんなキレイな子もいるんだなぁと、ダメ元で「いいね」をしてみたら、すぐに返信がきたんでビックリ。

そしたら、次のメールで「もっと話したいよー。添付のQR見て!」ってきたんですよ。LINEのQRコードがあって、あれって簡単だし、「もっと話してみたい」って気持ちで見てしまったんですよね。それで、LINEをしたんですが、それから今度はブログを「見て」って話に。ブログも見たら、これまた、一見普通。でも、そこで「実はもっとプライベートで決まった友達にだけ見せてるブログがあるの」みたいな話になって、パスワード設定教えてあげる、と言うわけです。そのブログを見る為に、要するに年齢とか氏名とか入れなくちゃならい。「あれれ?」と初めて、アヤシイかも、と思いました。どうやら、そこから有料サイトへ飛ぶみたいですね。たぶん、その「パスワードのメール」を送ると、自動的に課金されてしまったんじゃないかな。それにしても、最近は「手が込んでるなぁ」って感じ。3ステップぐらいになっていて、徐々にこちらの情報を取り込んで、有料サイトへもっていこうとするんですね。いきなり、じゃないから、「可愛い子だし~」なんてウキウキしてたら、あっという間に騙されそうですよ。

後から、もう1度、その女性の画像を見ていて思ったんだけど、ちょっと可愛すぎる。というか、写真そのものの質も、プロっぽいというのか、修正しているっていうか、ホントにアイドルみたいにポーズしている感じで。やっぱり「あんまり可愛い写真」と「すぐにLINEとか教えてくる」のは、要注意ってコトですね!

《サクラの手口☆アプリ辞めちゃうから、こっち見て!が危険…》男性・29歳・会社員

やはり、僕も最初は写真で「きれいな子だな~」っていう所からスタートしました。モデルさんみたいな感じで、サブの写真もあったけど、ペットと戯れている所とかですごく自然だった。で、みると「いいね」もすごく多い。だからムリかなと思いつつ、いいねをしてみると、なんとスグに返信が来たんですよ。

それからの遣り取り、意外と長かったんですよね。もしスグに何かに誘われたら、「ヘンだな」って思ったでしょうけど、とりあえず、何度か遣り取りしたんです。その間の内容も、文章がわりと丁寧で、しっかりしている印象。「昼間はショップでバイト中、夜は週に何度か料理専門学校に通っていて、パティシエになるのが夢」みたいな感じで。

もう、すっかり「いい子だなぁ」って感じでした。それが、少したってから、「なんかストーカーっぽい事されてて、怖くなったのでアプリ辞めます」といきなり連絡がきたんです。え、って思ってたら、それからちょうどよいタイミング(少しだけ間をおいた感じで)「だけど……、これからもしかしたら本当にお友達になれそうって思ってた所だったので、よかったら、私、別のサイトにも登録しているので、そちらでメッセージ交換しませんか」みたいにきたわけですよ!

僕は「だったらFacebook交換しない?」と返したのですが、「Facebookより、限定された友達としかやってないサイトだから、そっちの方が安全だし、私も安心なんだけど……」みたいに返ってきました。

で、承諾してみたところ、次に送られてきた登録用のサイトで「コレって、絶対、課金型の出会い系じゃん!」と。危うく、騙される所でした。

いかにも「素直そうな良い子」って感じのメールの内容に、かなり騙されてましたね。ある程度の遣り取りをしたら、やはりFacebook交換をして、もっと相手の事を知ったほうがいいな、と思いました。こんな話を友人としていたんですが、そいつは実際に別の恋活アプリで「課金サイトへ誘導されて、お金取られた」って言ってました。omiaiは、それでもまだ、Facebookの登録や友達人数の規定があるから、こうした業者サクラもかなり少ない方なのかな、と思いましたね。まぁ、あれですね、「いいね」が300も400もある女の子で、それでFacebook友人の数が10名ピッタリとかね、ちょっと冷静に考えるとやっぱり最初からヘンだったかなぁ。普通、もうちょっと友人いるはずでしょう。

omiaiは、ちょっとでもヘンかな、と思ったら、連絡すればきちんと対応してもらえます。サクラ業者の入り込みは、他の恋活アプリと比較すれば、かなり少ない方だとは思います。ただ、それでも、常に注意していた方がいいですね。

>>安全な恋活アプリomiaiの公式サイトへ

【他にも「あるある」サクラの手口!実例】

(1)会話が成り立っていないメールの遣り取りは危ない
最初のメールの内容が、誰に送っても違和感がなくて、宛名さえ変えれば大丈夫なようなもの。誰でも最初は一般的なメールの内容になりますが、それにしても「雛形かテンプレート使って書いているのでは?」という物も実際にあります。しかも、こちらから何か質問しても、その答えは返ってこない場合。こういうメールの「実は一方的な遣り取りになっている」場合は疑った方がいいかもしれません。

(2)連絡手段は「このサイトを使って」はかなり危険
いろいろな言い訳と理由はあるようですが、とにかく「今のアプリは使えなくなりそう」で、「でも、あなたと連絡は取りたい」と言ってきます。だったら携帯の番号やメールのアドレスを教えて、となると、ここで又、あれやこれや理由をつけて、「とにかく、自分と連絡を取るならこのサイトに登録して」となるパターン。えてして、この「サイト」が何かしらの有料、課金サイトという事が多いようです。

(3)騙されているのは男性ばかりじゃない
恋活アプリやネット婚活では、「サクラの女性にひっかかって、男性が騙される」ケースが圧倒的に多いのは事実です。とはいうものの、最近は女性も狙われているようです。女性の方が警戒心が強いので、課金サイトへの誘導は少ないようですが、意外と多いのが「○○を購入する」サイトへの誘導です。ダイエット、健康食品、化粧品などで、しかも通常より高額な金額で売りつける。女性の悩みなどを聞くフリをして、あてはまりそうなサイトへと誘導します。

(4)有り得ない?ありえます「お金を貸して」
普通に考えて、恋活アプリで知り合って、メールの遣り取りをしている人と、いきなりお金の貸し借りなんかするわけがありません。ところが、こういう詐欺のプロというのは存在します。「そんなのありえない、騙されるわけがない」と思うかもしれません。でも、プロの詐欺師となると、あの手この手で騙してきます。

基本的にネットでの出会いに限らず、「お金を貸す」事じたい、やめましょう。そもそも、長年の友人や身内とでさえ、そう簡単にお金の貸し借りをするものではありません。どんな不幸な話でも、「絶対に信頼できるし、すぐに返してくれる」と思えても、ダメです。例えば、実際に会ってみて、「あっ、細かいのがないから1,000円貸して」と貸して、すぐに返してくれた。そういう「実績の積み重ね」で、信頼度がアップしたところで、10万、30万という大金をだまし取る手口もあります。こうした詐欺まがいはそう多くはありません。でも、絶対にないとも言えないので、「お金にまつわる話し」には耳を貸さないのが一番です。


記事一覧